コンテンツへスキップ

プラセンタは美肌やアンチエイジングの効果が期待できる

プラセンタは美肌やアンチエイジングの効果が期待できる

プラセンタとは胎盤のこと

プラセンタとは胎盤のことです。紀元前400年ごろから医薬品として利用されており、高い美容効果が期待されています。

プラセンタは10種類のアミノ酸をはじめ、ビタミン類、ミネラル、酵素などの成分が豊富に含まれているのが特長です。医薬品から健康食品、化粧品まで広い分野で利用されています。

プラセンタは動物性のものと植物性のものに大別されます。動物性プラセンタは皮膚の再生や新陳代謝の改善、血行促進といった効果があります。

植物性プラセンタは、「胎座」と呼ばれる発芽を促す部位を利用したものです。胎座は、果実の中で、種と触れている部分を指します。種を育てるための豊富なアミノ酸やビタミンを含んでおり、主に化粧品に利用されています。

プラセンタは美容液や注射、サプリメント、ドリンクなどの形で摂取できます。最も効果が高いのは注射ですが、費用が高額です。そのため、自宅で手軽に摂取できるサプリメントや美容液が主流になっています。

プラセンタは種類によって成分が違う

動物性プラセンタは、主に豚や馬、羊の胎盤が使われています。

タンパク質や脂質、活性ペプチド、ヒアルロン酸などの成分が豊富に含まれています。また、人間の身体を成長させるヒト成長ホルモンを活性化させる「成長因子」が含まれているのが大きな特長です。新しい皮膚の細胞を生み出したり、肌のハリを回復させるといったアンチエイジング効果が期待されます。

動物性プラセンタは上述の哺乳類の他に、魚からとれるものも存在します。海洋性プラセンタは魚の卵を包む卵巣膜という薄皮の部分のことです。魚プラセンタとも呼ばれます。コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸が豊富に含まれており、健康維持に役立つ素材として利用されています。

植物性プラセンタは、グルタミン酸やコラーゲン合成を高めるプロリンが豊富です。シミや黒ずみを抑える美白効果や保湿効果があります。また、感染症のリスクが無く、動物性プラセンタに比べて安全性が高いのも特長です。

海洋性プラセンタと植物性プラセンタには成長因子が含まれていないため、アンチエイジング効果は期待できません。しかし、美白と保湿という面では、動物性プラセンタを上回る成分が含まれています。そのため、肌の調子を重点的に整えたい場合は、海洋性プラセンタと植物性プラセンタが適しています。

プラセンタは美容や身体機能を改善に効果がある

プラセンタは「胎盤」のことです。胎児の成長に必要な栄養素が豊富に含まれています。シミやシワなど美容の問題に有効とされ、サプリメントやドリンクなど多種多様な医薬品に配合されています。

プラセンタには自律神経やホルモンバランスの調整、組織修復作用、代謝の活性化や臓器の働きの向上などの効果があります。また、病気の抵抗力の向上、アレルギーや炎症を抑える作用、酸化予防の効果もあるのです。

プラセンタは更年期障害や月経不順、糖尿病や神経痛など、様々な病気の症状の改善に有効とされています。また、美白や保湿、疲労回復や体質改善の効果が特に高いとされています。

プラセンタは注射か薬、サプリで摂る

プラセンタは摂取の仕方によって効果が出る期間が変わります。

プラセンタを注射でと摂取した場合、即効性が期待できます。ただし、2カ月から3カ月の間に、週に1回から2回続けることが前提です。個人差があるので、人によってはおよそ1カ月で効果が出るケースもあります。プラセンタ注射は1本あたりおよそ2000円から9000円です。

プラセンタを薬やサプリメントで摂った場合、注射よりも効果があらわれるのに時間がかかります。その代わり、注射よりもコストが低いことがメリットです。

プラセンタは基本的に女性向けの医薬品ですが、男性にも効果があります。代表的な作用は肝臓など臓器の機能改善です。他にも血液の流れを改善させる効果があり、抜け毛や腰痛、関節痛に有効です。