コンテンツへスキップ

プラセンタは3種類ある

プラセンタはサプリメントやジェルとして販売されています。胎児の成長に必要な栄養素が豊富に含まれており、美容効果やアンチエイジングの効果が期待されています。

プラセンタは「動物性」、「海洋性」、「植物性」の3種類に大別されます。動物性プラセンタは、ヒトや豚、馬の胎盤を利用したものです。ヒトプラセンタは医療用に、豚や馬のプラセンタは、サプリメントや化粧品に利用されています。五代栄養素をはじめとした様々な栄養に加え、細胞の新陳代謝を促す「成長因子」が豊富に含まれているのが特徴です。

海洋性プラセンタと植物性プラセンタは、厳密には哺乳類の胎盤に近い働きを持つ部位のことです。動物性プラセンタと違い成長因子はないものの、豊富な栄養素が含まれています。

プラセンタは肌の新陳代謝を助ける効果がある

プラセンタは様々な製品に利用されています。例えば、「プラセントレックスジェル」は、ヒトプラセンタが配合されている美容ジェルです。もともとは傷口や火傷跡の治療に使われる抗炎症治療薬ですが、美白やシワの減少といった、美容効果も期待できます。

ヒトプラセンタが肌の細胞に働きかけ、新陳代謝を促進します。細胞が新しく作られるのを助け、シワやシミができるのを防ぐのです。また。副作用はほとんど報告されていないので、安心して使えます。

プラセントレックスは、個人輸入を行っている通販サイトで入手できます。1日に2~3回、肌に塗ります。石鹸で肌をきれいに洗ってから塗ると良いでしょう。