コンテンツへスキップ

肌に直接塗る美容液

プラセンタが含まれた美容液は、様々な効果が期待されます。代表的なものが、アミノ酸による保湿効果です。

プラセンタにはアミノ酸が豊富に含まれており、肌の保湿成分の生成を促進する効果があります。この効果によって肌の保湿力が向上するのです。また、プラセンタには「上皮細胞増殖因子」などの成長因子が含まれています。成長因子は肌の新陳代謝を促し、若々しい肌作りに役立ちます。

他にもプラセンタ美容液は、メラニンを生成する酵素を非活性化させ、シミができるのを防ぎます。美白効果や、肌荒れやニキビ、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルを改善する効果もあるのです。

プラセンタ美容液は、原液を洗顔の後でつかいます。そうすることで、豊富な成分を肌にしっかりと吸収させられます。適量を、手のひらで抑えるようにして顔全体に馴染ませ、目の周りや口元、フェイスラインをおさえながら仕上げるのがコツです。

使い方は商品によって違う場合もあります。プラセンタ美容液を使うときは説明書をよく読み、正しく使いましょう。

ドリンクタイプは即効性がある

プラセンタを配合したドリンクはほとんどの場合、美容成分が配合されています。そのため、価格がサプリメントよりも高くなりますが、身体に浸透するのが早いのです。

プラセンタドリンクは、飲むことで肌のハリを良くする効果があります。また、プラセンタと他の美容成分との相乗効果が期待でき、即効性が高いのです。人によっては、使用した次の日に肌のハリや、化粧のノリの良さを実感できるでしょう。冷え性や不眠症、肩こり、生理痛などの治療にも有効です。

プラセンタドリンクは、特に決められた飲み方はありませんが、夕方以降に飲むとより有効です。また、栄養の吸収率が高い、就寝前に飲むのも良いでしょう。

プラセンタは3種類ある

プラセンタはサプリメントやジェルとして販売されています。胎児の成長に必要な栄養素が豊富に含まれており、美容効果やアンチエイジングの効果が期待されています。

プラセンタは「動物性」、「海洋性」、「植物性」の3種類に大別されます。動物性プラセンタは、ヒトや豚、馬の胎盤を利用したものです。ヒトプラセンタは医療用に、豚や馬のプラセンタは、サプリメントや化粧品に利用されています。五代栄養素をはじめとした様々な栄養に加え、細胞の新陳代謝を促す「成長因子」が豊富に含まれているのが特徴です。

海洋性プラセンタと植物性プラセンタは、厳密には哺乳類の胎盤に近い働きを持つ部位のことです。動物性プラセンタと違い成長因子はないものの、豊富な栄養素が含まれています。

プラセンタは肌の新陳代謝を助ける効果がある

プラセンタは様々な製品に利用されています。例えば、「プラセントレックスジェル」は、ヒトプラセンタが配合されている美容ジェルです。もともとは傷口や火傷跡の治療に使われる抗炎症治療薬ですが、美白やシワの減少といった、美容効果も期待できます。

ヒトプラセンタが肌の細胞に働きかけ、新陳代謝を促進します。細胞が新しく作られるのを助け、シワやシミができるのを防ぐのです。また。副作用はほとんど報告されていないので、安心して使えます。

プラセントレックスは、個人輸入を行っている通販サイトで入手できます。1日に2~3回、肌に塗ります。石鹸で肌をきれいに洗ってから塗ると良いでしょう。

プラセンタは豊富な有効成分が含まれている

プラセンタとは、主に哺乳類の胎盤から、有効成分を抽出したエキスのことです。

プラセンタを摂取することで、豊富な栄養素が得られます。プラセンタには、アミノ酸やタンパク質、脂質や糖質といっただけでなく、身体の働きを整えてくれるビタミンやミネラルが含まれています。また、核酸、酵素などの生理機能の働きに必要な成分や、細胞の新陳代謝を促進する成長因子も入っているのです。

プラセンタは、もともと人が持っている生理的機能を正常化する効果があります。また、副作用が起こる可能性はごくわずかです。製造工程で厳しいチェックが行われているため、安全に利用できます。

プラセンタは、内服薬やサプリメントだけでなく、注射でも摂取できます。プラセンタ注射は病院で扱っており、医療用医薬品として認可されたものを、皮下や筋肉に注射します。

プラセンタ注射は、使う目的によって費用が変わります。

プラセンタを美容目的で使う場合は自費治療となり、1回につきおよそ1000円から3000円です。

クリニックによっては、モニターを引き受けたり、キャンペーンなどを利用したりすると安価で施術を受けられます。また、お得なセット料金を設定しているクリニックもあります。

45歳から59歳の人で、更年期障害を患っている女性の場合、保険が適用されます。また、45歳以下で女性ホルモン測定値が低い人や、癌の治療などで卵巣を摘出し、卵巣欠落症状が見られる人も保険が適用されます。乳汁分泌不全、慢性肝疾患による肝機能障害を患っている人も保険適用の対象になります。

プラセンタはまれに発熱などの副作用が出る

プラセンタとは、主にヒトや動物の胎盤から抽出した成分を利用した医薬品、またはサプリメントのことです。更年期障害や慢性肝炎の治療の他に、美容目的で使われています。

プラセンタは注射で摂取することで高い美容効果が得られます。しかし、副作用のリスクもあるので注意が必要です。

頻度は低いですが、発熱や悪寒、発疹がみられることがあります。また、ごくまれにアレルギー反応を起こす場合もあるのです。

また、プラセンタは動物の臓器から作られているため、感染症のリスクもあります。注射で使われるプラセンタはヒトの胎盤から成分を抽出しています。プラセンタは製造過程で殺菌処理されており、感染症が報告されたことはありません。しかし、殺菌処理されても死なない未知の病原体がいることを、完全に否定することはできないのです。

そのため、プラセンタ注射を受ける際、感染症のリスクがあるという旨が書かれた同意書に署名する必要があります。

粗悪品を使うと重い副作用が起こる可能性がある

プラセンタは美容効果や健康効果が期待できる成分です。サプリメントが販売されており、手軽に摂取できます。

服用方法を守り、適量を継続して服用することが重要です。たくさん飲んだからといって効果が高まるわけではありません。それどころか、過剰に摂取すると、副作用のリスクが高まるので注意しましょう。

また、プラセンタのサプリメントは品質の保証されたものを選びましょう。

国内で製造されているプラセンタは、厳しい品質管理が行われています。一方、個人輸入を扱っている通販サイトでは海外製品も販売されていますが、安すぎるものは品質が悪い可能性があります。

品質の悪いプラセンタを使うと、効果がないどころか、重い副作用が起こったり、感染症にかかったりする危険性があるのです。